【さんまのひつまぶし風】

食の情報(レシピ等)

【さんまのひつまぶし風】

sannmanohitumabusihuu

旬!脂ののった美味しいさんまにひと手間加えて一度で三回楽しめるさんまのひつまぶし風を紹介。甘辛の蒲焼きにしたさんまを炊きたて新米ご飯の上にタップリ乗せて頂きます。

  • カテゴリー
  • エネルギー543kcal
  • 調理時間
  • おすすめ0

おすすめ

材料

●さんま…2尾
●トップバリュ 薄力小麦粉…適量
●トップバリュベストプライス キャノーラ油…大さじ1
●水…2カップ
●トップバリュセレクト 極味だし…2パック
●トップバリュ 純米料理酒…小さじ2
●トップバリュ 特選丸大豆しょうゆ…小さじ2
●ご飯…丼2杯分(約400〜500g)
【A】
 ●砂糖…大さじ1
 ●トップバリュ 特選丸大豆しょうゆ…大さじ2
 ●トップバリュ 純米料理酒…大さじ1/2
 ●トップバリュ 純米本みりん…大さじ1/2
 ●水…大さじ1
【B】
 ●わさび…お好み
 ●トップバリュ きざみねぎ…お好み
 ●トップバリュ きざみのり…お好み
 ●トップバリュ いりごま(白)…お好み
 ●山椒…お好み

作り方

①さんまは三枚に卸して水洗いし水気を拭き2等分に切る。


②①に小麦粉をまぶし余分な粉を落とし油を熱したフライパンで皮目から焼く。こんがり焼き色がつけば裏返して焼き、一度取り出す。


③②のフライパンの余分な油を拭き取り【A】を加え煮立てたら②のさんまを戻し入れ全体を煮絡め照りを出す。


④鍋に水とだしパックを入れ沸騰したら1〜2分煮出し、酒・しょうゆで味を整える。


⑤丼にご飯を盛り③のさんまをタレと共に乗せ【B】と④のだし汁を添える。


⑥一度目はそのまま、二度目は【B】を乗せて、三度目は④のだし汁をかけて召し上がれ。

ページの先頭へ

■ 表示モード  モバイルPC