とうがんのさっぱり煮

食の情報(レシピ等)

とうがんのさっぱり煮

とうがんのさっぱり煮

とうがんを柔らかく、だしの効いたおいしい煮物にします。アクセントに梅干しの風味をほのかに効かせました。見た目も彩り良い一品に。

  • カテゴリー
  • エネルギー88kcal
  • 調理時間
  • おすすめ0

おすすめ

ここがポイント

冬瓜の旬は7~8月。冬瓜は、そのまま冷暗所に保存すれば冬まで保存できる瓜とされ、「冬瓜」と呼ばれたという説があります。外国ではお菓子やデザートに用いられることもあります。また種は漢方にも用いられています。

材料

●とうがん…200g
●えび…6尾
●オクラ…4本
●人参…約4cm長さ
●トップバリュ しそ漬梅干…1〜2コ
●だし汁…300cc
●トップバリュ 料理酒…大さじ1
●砂糖…大さじ1/2
●トップバリュ 本みりん…大さじ1
●トップバリュ 特級うすくちしょうゆ…大さじ1/2
●塩…少々

作り方

(1)とうがんは種とワタを取り、皮を厚めにむく。ひと口大に切り面取りし下茹でする。(ひと煮立ち程度)
(2)えびは殻をむき、背わたを取る。
(3)オクラはガクをくるりとむき、塩を振り板ずりし茹でておく。
(4)人参は輪切りにし、固茹でにして花型で型抜きする。
(5)だし汁を火にかけ、①②④と梅干を入れ煮る。ひと煮立ちしたら酒、みりん、砂糖を入れ弱火で煮る。
(6)③のオクラを加え、うすくちしょうゆを入れ約4〜5分位煮る。

ページの先頭へ

■ 表示モード  モバイルPC