ひなまつりのお寿司

食の情報(レシピ等)

ひなまつりのお寿司

ひなまつりのお寿司

ひなまつりには、可愛いお寿司でお祝いを!!ちらし寿司で作った土台に刺身や卵で彩り良く。おひなさまも作って飾りましょう!

  • カテゴリー
  • エネルギー1人あたり560kcal
  • 調理時間
  • おすすめ1

おすすめ

ここがポイント

溶き卵に片栗粉を少々加えることで薄焼き卵が破れにくくなります。髪の毛にするのりは、少し水で湿らせると卵に付きやすくなります。

材料

●炊きたてご飯…1.5合分
●トップバリュ 五目ちらしの素…1袋
●トップバリュ うずら卵の水煮…2コ
●卵…2コ
【A】
 ●砂糖…少々
 ●トップバリュ 片栗粉…少々
●刺身(まぐろ・サーモン・鯛・いか等)…適宜
●のり・ごま・かまぼこ・三つ葉・絹さや…各適宜

作り方

① 炊きたてのご飯に五目ちらしの素を加え混ぜる。おにぎりを2つ握り、残ったご飯で菱形を作る。
② 卵を溶き【A】を加え混ぜ、フライパンで薄焼き卵2枚を焼く。1枚は半分に切り、もう1枚は細切りにする。
③ 頭を作る。うずらの卵に楊枝を刺し、のりで髪の毛を作り、ごまで目を作る。
④ 男雛を作る。おにぎりの上の方にのりを巻き襟元を作る。半分に切った薄焼き卵を巻き、三つ葉で縛る。③のうずらの卵を刺す。絹さやの笏をつける。
⑤ 女雛を作る。おにぎりの上の方にかに風味かまぼこを巻き襟元を作る。半分に切った薄焼き卵を巻き、楊枝で止める。③のうずらの卵を刺す。かまぼこの扇をつける。
⑥ 菱形に形成したちらし寿司に細切りにした卵を乗せ、お刺身を盛る。
⑦ ④⑤⑥を皿に盛り付ける。

ページの先頭へ

■ 表示モード  モバイルPC