須古寿司風お祝い寿司

食の情報(レシピ等)

須古寿司風お祝い寿司

recipe2013_04_13

佐賀県でお祝いの席で振る舞われる須古寿司。ご飯にもち米を混ぜたもっちりすし飯に様々な具を彩り良く飾ります。

  • カテゴリー
  • エネルギー386kcal
  • 調理時間
  • おすすめ0

おすすめ

ここがポイント

須古寿司とは、佐賀県白石町に伝える郷土料理です。特徴としては、白米にもち米を加え炊き上げ、もっちりとしたすし飯にします。また郷土の食材を使い、ムツゴロウを甘辛く炊いたものや、季節の野菜を色々飾りのせます。「もろぶた」という四角い器にご飯を敷き詰め、四角にご飯を切り、具をのせます。お祝いやお祭りにいただくおめでたいお寿司です。

材料

●米…2カップ
●もち米…1/2カップ
●水…2カップ
●トップバリュ だし昆布…1枚(5cm角)
●トップバリュ すし酢
 昆布だし入り…60cc
●穴子の蒲焼き…1尾
●えび…6~8尾
●卵…2コ
●おくら…2~3本
【A】
 ●ハム・きゅうり・チーズ…各適量

作り方

(1) 米ともち米を合わせて洗い、約30分位ザルに上げておく。
(2) (1)の米と同量の水に昆布を入れておく。
(3) (1)(2)を合わせ、炊く。炊きあがったら人肌に温めたすし酢を合わせる。
(4) 穴子の蒲焼きはそぎ切りにし、フライパンでサッと炙る。
(5) えびは背わたをとり、茹でてカラをむく。
(6) 油を熱したフライパンに溶いた卵を流し入れ、薄焼き卵を作る。4~5cm位の長さの千切りにし、錦糸卵にする。
(7) おくらは茹で、輪切りにする。【A】の食材はそれぞれ好みの型に抜いておく。
(8) (3)のすし飯はバットに出し、厚さ1~1.5cm位に平らに広げ、上から軽く押し付ける。その後、型で抜く。
(9) (8)のすし飯を皿に置き、(4)~(7)の具材を彩り良く飾る。

ページの先頭へ

■ 表示モード  モバイルPC