仕事紹介

店長

店長

店舗の総責任者として、店舗運営に関わる業務全般を統括します。会社方針のもと適切な商品とサービスに基づく豊かな暮らしの実現とともに、地域社会との良好な関係の維持により、店舗の永続的な成長と発展を目指します。リーダーシップを発揮しながら、店舗従業員とコミュニケーションを密にし、よりお客さまに必要とされる、地域に根ざした店づくりに取り組みます。

副店長/管理マネージャー

副店長/管理マネージャー

副店長は、店長を補佐し、主に売場全体に関わる業務を遂行します。作業割当に基づく業務遂行を定着させ、生産性向上を図るための店舗オペレーション体制を構築します。管理マネージャーは、店長を補佐し、主に後方業務全般に関わる業務を遂行します。店舗における生産性向上と後方業務の管理強化を図るとともに、コンプライアンスに適合した店舗管理体制を構築します。

コミュニティー副店長

コミュニティー副店長

店内における衛生管理、品質管理、表示管理の徹底を最重要業務として、店内全従業員に対し指導・指示をするとともに、店長に対し改善実施のアドバイスを行います。また、地域のお客さまの代表として、日常業務の中でお客さまの声の収集を行い、店長へとフィードバックします。

農産

農産

野菜・果物・生花を取り扱う部門です。店舗近郊の契約生産者さまから直納される地場野菜の販売コーナーもあります。店舗の『顔』として売場の先頭に配置されており、生鮮食品の中でも購買頻度が高く、集客力部門となります。商品の色みを活かしたカラーコントロールで、視覚的な訴求を行います。常に売場全体に気を配ることが大切なので、商品の扱いの丁寧さだけでなく、スピードや洞察力・観察力が必要となります。

水産

水産

生鮮魚・塩干品などを取り扱う部門です。丸魚はもちろん切身や刺身、貝類や魚卵、干物など魚介類をさまざまな形で販売します。商品的特徴は、鮮度維持の期間が短く一部冷凍品を除き当日仕入れ・当日販売が基本です。しかし、毎日水揚げされる生魚はその日の漁の状況によって産地・サイズ・相場などが変わるので、同じ魚でもアイテムを変えたり量目を調節するなど変化に応じた売り方が大切となります。

畜産

畜産

牛・豚・鶏などの精肉、ミンチ肉やハム・ソーセージなどの加工肉を取り扱う部門です。近年ではレンジアップ商品やつまみ系の商品なども畜産で取り扱っています。塊の肉を仕入れて加工し商品として販売する店内加工と、加工センターでの一括商品化があり、店内加工の場合は包丁を使った作業やミートスライサーの技術が必要となります。また部位の名称や部位ごとに適した料理方法などを覚え、お客さまに提案していきます。

デリカ

デリカ

惣菜・寿司を取り扱う部門です。天ぷらや焼鳥などのホットデリカやにぎり寿司・巻き寿司、弁当類を店内で調理・製造しています。即食する商品であるため、安全な商品・安心感のある売場づくりが大前提となります。また、できたての商品を提供するために、時間帯別にどれだけ製造するのか計画を立てていきます。値引き・廃棄など商品ロスを出さないよう、当日の客数に応じて製造計画を修正する臨機応変な能力も必要となります。

ベーカリー

ベーカリー

焼きたてパンを取り扱う部門です。調理パン・菓子パン・ピザやサンドイッチなどを店内で調理・製造しています。旬の素材やトレンドを取り入れた商品提案、季節感や年中行事を先取りした売場演出など、お客さまの購買意欲を刺激する付加価値部門です。デリカ部門同様できたて商品のご提供にこだわり、当日の時間帯客数や天候などに合わせた臨機応変なオペレーションが求められます。

ステープル

ステープル

生鮮・デリカ以外の一般食品を取り扱う部門です。要冷蔵のデイリー(日配)商品と、長期保存できるグロサリー(加工)商品があります。季節や流行、地域の行事情報をいち早くキャッチするために、店舗従業員や地域のお客さまから常に情報収集していきます。新商品が多く、取り扱う商品の改廃が多いのも特徴です。新商品はお客さまからの注目度が高く、販売のタイミングを逃すことなく売場に陳列することが重要となります。

ノンフード

ノンフード

日用雑貨・衣料品・雑誌書籍など、食品以外の商品を取り扱う部門です。薬剤師・登録販売者が勤務する店舗では、医薬品の販売も行っています。生鮮部門同様、季節に合った商品展開をすることで、お客さまのニーズに応えています。また、似たような商品が多いので商品知識も身につけていく必要があります。他部門との関連販売を実施することで、お客さまにとって買いやすい売場提案を実施しています。

チェッカー(レジ)

チェッカー(レジ)

お客さまのお買い物のチェックアウト(精算)業務を行う部門です。電話応対、商品包装や遺失物管理、お問い合わせへの対応などのサービスカウンター業務も担当します。正確に、丁寧に、そして素早く応対することでお客さまの信頼と満足に繋げています。また、お客さまと最も近くで接するため、明るい笑顔と気配り、さらにフットワークの軽さが求められます。

バイヤー

バイヤー

商品購買の専門職として、取引先(メーカー・卸商社)と商談を行い、店舗で販売する商品の仕入れ・買付け全般を担うのがバイヤーです。より良い商品を店舗に供給するために、常に市場動向やトレンドの変化にアンテナを張り、お客さまのニーズにお応えする商品の導入・開発に活かします。商品企画、品質管理、販売方法の提案、基本値入の決定、商品マスタ管理および商品取引先との渉外窓口業務などを行います。

スーパーバイザー/トレーナー

スーパーバイザー/トレーナー

スーパーバイザー/トレーナーは、各部の主管業務について統括部署の方針をもとに担当エリア店舗の巡回指導を行うとともに、店舗での問題点を本部関係部署へ報告、改善提案します。部門チーフや店舗管理者とコミュニケーションをとりながら、店舗従業員のスキル・ノウハウ教育を進め、オペレーション効率を向上し、店舗業績をサポートします。また、店舗においては挨拶・身だしなみ等に関して模範となる行動を率先して行います。

マーケティング

マーケティング

市場調査・顧客調査等を行ってその結果を分析し、商品や販促等の企画・戦略を社内に提案します。より一層の地域密着経営を実現するため、お客さまの変化、社会環境の変化等により多様化するニーズをあらゆるデータから科学的に分析し、新たなMD構築や企画等の提案・検証をPDCAサイクルに基づき行っていきます。

営業企画

営業企画

店舗と商品部を結ぶ窓口として、全社的な販促企画・広告宣伝企画・セールスプロモーション企画や、地域行事対応を反映したエリア別販促計画を立案実施します。ネットスーパーや宅配、無店舗販売などお客さまの購買チャネルの変化に対応したサービスの提供によってスーパーマーケットの新たな事業・付加機能を構築します。また、フレックス委員会のサポート、コミュニティー副店長の業務指導、店舗後方見学会の運営指導も行います。

財務経理

財務経理

会社の資金運用管理、売上金集計、会計処理、決算開示業務、不動産・固定資産台帳管理、現金出納及び預金業務などを担当する部署です。経理は日常の出入金管理や帳簿づけ、伝票整理から、決算表・貸借対照表・財務諸表などの作成までを担い、財務は会社経営に密接に結びついた予算編成や資金の調達、金融情報の収集・分析などを行います。

コントロール

コントロール

会社経営予算(売上・荒利・営業収入・経費等)を調整・計画立案し、実績の取りまとめと進捗管理コントロール、差益・損益管理を行います。また、棚卸業務の主管部署として期末在庫確定業務の企画や、棚卸実施要領の策定、マニュアル管理、従業員の教育等を担います。

情報システム

情報システム

情報システムの企画・開発・運用・保守、システム機器の企画管理を行います。サーバーや通信機器、端末機器の導入と保全、操作マニュアル作成、トラブル対応、また基幹システムの基本マスター管理、システムデータ管理とバックアップ、アカウント管理、セキュリティ管理など会社全体のコンピュータシステム運用を担い、正常で安定した稼働を実現します。

物流

物流

管轄下の物流センターおよびその業務委託先、配送業者を指導・管理し、商品を円滑かつ効率的に店舗へ配送し、対象仕入の正確な計上をすることを業務とします。また、物流政策・改善計画を立案し、各商品部・各店舗をサポートします。

総務

総務

コーポレートガバナンス事務、全社的リスク管理、株式管理、文書管理、防災防犯、法務、本部庶務、企業倫理・コンプライアンス(法令順守)マインド醸成活動、内部統制システムの諸制度管理、環境・社会貢献活動の取りまとめ、BCP(事業継続化計画)策定と推進、お客さまの声の収集と対応など、会社全体が円滑かつ効率的に運営されるための全社的な後方サポート業務を担っています。

人事教育

人事教育

社員の採用・人事・評価・福利厚生・労務管理、さらに教育・技術指導を行い、自律型人材および「何よりもお客さまの利益を優先しよう」という経営理念を実践する人材の育成、目指すべき組織風土の醸成と会社の人的資源効率の最大化を図るとともに、長期的な視点に立った従業員個々人のキャリア開発(主にOFF-J-Tを中心とした能力開発プログラム)と従業員の働きがい向上を推進します。

店舗開発

店舗開発

成長戦略の根幹となる新規物件の開発、新規出店に関わる地権者や行政との渉外業務、店舗建築における管理業務や店内設備・什器備品の企画、既存店舗設備のメンテナンス、環境関連法規制への対応を行い、成長戦略の推進と店舗が効率的かつ安心して営業活動に専念できる環境を維持構築します。また、テナント・コンセッショナリーとの窓口部署として、入店交渉・契約・運営指導を行います。

広報

広報

企業活動に関する情報を新聞やテレビ等のマスコミを通じて社外に発信する社外広報、社内報の作成等の社内広報、株主や投資家に対して財務状況など投資の判断に必要な情報を提供するIR活動を行います。あらゆるステークホルダーに対して当社の理念や営業方針・活動への理解を広め、ブランド価値向上を目指します。また、社長の秘書業務を行いトップマネジメントの効率的業務遂行をサポートする役割も担います。